2017.04.30

外傷性くも膜下出血の親父の介護(1861)

今日で4月も終わり。今日の親父も1時間半ほど遅く起きたが、あとは普段通り、終日、家の中にいた。僕にも、これと言って、変わったことはなかった。(LW)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.29

外傷性くも膜下出血の親父の介護(1860)

今日の親父は、いつもより1時間半ぐらい遅く起きたが、あとはいつものように終日、家の中にいた。僕にも、これと言って変わったことはなかった。ただ、GWということで、もう一人姪っ子が戻ってきたぐらい。(LW)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.28

外傷性くも膜下出血の親父の介護(1859)

今日は親父のディサービスの日。今日はいつものように起こして、朝食後、ちょっとだけ早く玄関まで介助して連れて行き、介護センターからの迎えを待った。そうして、親父を送り出し、雑用を済ませ、姪っ子を送って、いつものように買い物をして帰った。それから、昼食。夕方になり、親父がいつものように戻ってきた。(LW)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.27

外傷性くも膜下出血の親父の介護(1858)

今日の親父はいつものように起きて、いつものように終日、家の中にいた。僕も終日、家の中にいて、別に変ったことは何もなかった。(LW)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.26

外傷性くも膜下出血の親父の介護(1857)

今日の親父はいつものように起きて、いつものように終日、家の中で過ごした。僕にも、これといって変わったことはなかった。(LW)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.25

外傷性くも膜下出血の親父の介護(1856)

今日は親父のディサービスの日。今日もちょっと早く親父を起こして、朝食を食べさせディサービスに送り出した。そして、町内の友人が家に来たので、一緒に町内の山を散策に行った。この前、行った山道とは別の道。長年、ここに暮していても、通ったことのない道はまだある。そんなことを思いながら小一時間ばかり、歩いた。そうして、午後は家にいて、やがて夕方になり、いつものように親父が戻ってきた。(LW)

Blog170425A今日通った、山道。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.24

外傷性くも膜下出血の親父の介護(1855)

今日の親父はいつものように起きて、いつものように終日、家の中にいた。が、朝、腹の調子が良くなかったのか、ベッドの中で下痢していた。それで、ちょっと、起こすのに手間取った。排泄物の処理は慣れてはいるが、その途中、親父が股間に手を持っていき、その手で頭を掻いたり壁を叩くと、その匂いがあちらこちらに拡散して、それを消臭剤で抑えるのに手間がかかる。で、それが不十分だったせいか、日中、しばらく、親父の身体が臭かった。その他には何も変わったことはなかった。(LW)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.23

外傷性くも膜下出血の親父の介護(1854)

今日の親父は、いつもより1時間ぐらい遅く起きたが、あとは、いつも通り終日、家の中にいた。僕も今日は親父と同じ、家の中にいて、これといって変わったことは何もなかった。(LW)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.22

外傷性くも膜下出血の親父の介護(1853)

今日の親父はいつもより3時間ぐらい遅く起きた。なので、朝食は昼食を兼ねてだった。でも、その他は、いつものように終日、家の中にいた。僕はと言えば、午後2時間ぐらい畑仕事したぐらいで、他には何も変わったことは無かった。(LW)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.21

外傷性くも膜下出血の親父の介護(1852)

今日は親父のディサービスの日。今日は、いつものように起こして、ディサービスに送り出した。そして、雑用。珍しく保険の外交員をやっている友人から電話があり、しばらくして家にやってきた。加入している傷害保険の更新手続きのことだった。そして、買い物に出掛けた。今日は買い物の前に、郵便局に行き、姪っ子を送って行き、それから買い物だった。そうして、帰って昼食。夕方になって親父が戻ってきた。その後、叔母から電話があり、親戚の人の訃報だった。亡母、叔母の従姉が亡くなったとのことだった。でも、家族葬だったとのこと。なので、弔電だけ送っておいた。(LW)

Blog170421Aうちの庭に咲いている草花。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«外傷性くも膜下出血の親父の介護(1851)