« 外傷性くも膜下出血の親父の介護(2526) | トップページ | 外傷性くも膜下出血の親父の介護(2528) »

2019.04.02

外傷性くも膜下出血の親父の介護(2527)

今日は親父の定期健診の日。なので早く起きなくてもよかったが、早く起きて、親父の洗顔に着替え。だが、着替えで、排泄物が泥状だったので、処理に時間がかかった。下の世話は何年もしていて慣れてはいるものの、やはり、軟便とか泥状だと、始末に手間取る。それから朝食、それが終わって、残りの準備。すると、ディサービスのスタッフの人がやってきた。「今日は検診の日ですよね」なんて、分かったいたのに、念のため来たらしい。それで、荷物だけ持っていてもらった。それから、雪がちらつく中、親父を車に乗せて、病院まで連れて行った。今日は最初、外科で親父の腸骨あたりの褥瘡を診て治療してもらった。その際、親父のズボンが濡れていて、たぶん、降雪のせいだろうが、着替えを持っていなかったので、ちょっと看護師さんに注意された。それから、脳神経科の問診、病院の前の薬局で薬をもらい、ディサービスセンターに向かった。途中、コンビニに立ち寄り、車の中で親父とお茶など飲んだ。親父をディサービスセンター に送っていき、買い物して帰った。帰って昼食。午後、町内の友人Mさんから電話があって、ウォーキングのお誘いだったが、寒いし疲れてもいたので断った。そうして、夕方になり、雪も雨も止んだ中、親父が戻ってきた。

Blog190402a  

今日は病院の待合室でパチリ。

|

« 外傷性くも膜下出血の親父の介護(2526) | トップページ | 外傷性くも膜下出血の親父の介護(2528) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 外傷性くも膜下出血の親父の介護(2526) | トップページ | 外傷性くも膜下出血の親父の介護(2528) »